【静岡・伊豆】花とロマンの里 松崎町

shizen

こんにちは!
静岡県松崎町地域おこし協力隊2年目の寺田 健悟と申します。

KengoTERADA

静岡県松崎町地域おこし協力隊の寺田です!

 現在の業務はいつの間にか多岐にわたり、代表するコレ!というものがないのが正直なところです。^^;

ひとまず、情報発信役と考えていただければと思います!ただ、情報発信といっても取材してそれを記事にする、というだけではなく、実際に企画したり当日の運営をしたりとお手伝いをしながらその都度情報発信をしているような形です。

例えば・・・

・町内イベントの継続のためのクラウドファンディング実施

伊豆地域(9市町)合同地域おこし協力隊情報交換会の実施 →今後も継続して実施していく予定なので是非ご参加ください!^^

出身は静岡県富士市、大学時代は仙台で建築・社会環境工学科に所属し、卒業後は都内で信託銀行に勤めまして、退職後現在の松崎町地域おこし協力隊に参加しました。

一応静岡県民ではあったものの、伊豆・特に松崎町にはほとんど足を踏み入れたことがなく、この約一年間で初めてのことがたくさんありました!皆様にはその中で感じたことを共有させていただきたいと思います。

松崎町を選んで移住したきっかけを教えてください

大学時代に建築・社会環境工学科に所属していたこともあり、まちづくりや地域のことを考えることに興味をもちました。

建築学科というと図面を引いたり模型をつくっているイメージが強いと思いますが、最近は「建てる」前の「どんな建物が必要か」というステップがとても重要になっており、いわゆるまちづくりに建築学科の学生が介入するケースが多くなっているのです。私もその一人でした。特に入学する直前に東日本大震災が発生したこともあり、地域をどうつくっていくかというテーマにはとても興味がありました。そんな中で、現在も東伊豆町で地域おこし協力隊をされている荒武さんに出会い、「地域のことを知るには現場に行かないと!」という話に触れました。それがきっかけとなり、地域おこし協力隊の存在を知り、ちょうど良いタイミングで募集していたのが松崎町でした。

そう考えると静岡県出身だったり、東伊豆の方とたまたまご縁があったりぐらいでしか松崎町を選んでいないのかもしれません笑

ですが、今は松崎町で良かったな!と思っています!

松崎町

松崎地区を見渡せる牛原山から

松崎町ってどんな町か教えてください

静岡県の伊豆半島西側のほぼ南端に位置しています。

人口は約6,800人で静岡県で最も小さい町です。伊豆というと、熱海や伊豆高原、ちょっと足をのばしたとしても下田のイメージが強く、西側は電車も通っていないため、伊豆半島の秘境と呼ばれることもあります。

雲見海岸

ダイビングの聖地としても有名な雲見海岸

海・山の自然が小さい範囲につまった松崎町は観光産業を中心に成り立っています。
海岸から20分車を走らせれば一気に山の景色に! そんな贅沢な体験ができるのは、伊豆半島ならではと言えます。松崎町の熱烈なファンの方々は、そんな自然環境を通い尽くし、一年を通じて楽しんでおられる方が多いです。そのため、町内にはスーパーや100均、コンビニももちろんありますので、生活する上ではあまり不便を感じません! 伊豆半島の南端なんてどんな僻地なんだろう、、というイメージもあるかもしれませんが、けっこう便利なんですよ!^^

どうすれば行ける?

松崎町には、残念ながら電車の駅はありません。

伊豆急下田駅からバスが出ています。東海バスさんの時刻表をご覧ください!およそ50分となっていますが、道路が片道1車線なので、時間がかかるときはかかってしまいます。。下田から1時間、と考えておいていただければと思います。

東京から伊豆急下田駅までは「特急踊り子号」がおススメです!約2時間40分の長旅ですが、伊豆半島東海岸の絶景をゆったりと感じることができます。

ちょっとお値段がなあ、、という方は、新宿↔︎修善寺高速バスがおススメです!修善寺から松崎へもバスになるので、少し負担は大きいですが、費用は抑えられますので、行き帰りの際にご検討ください!

行きはお安く修善寺経由の高速バスで、帰りはゆったり踊り子号、というプランになると、中伊豆→西伊豆→東伊豆を横断できるので、実はおススメプランなんです!

それでもやっぱり一番は自家用車が良いかと思います!自分の好きな時間帯に好きな場所にでかけられる方が滞在中の自由度が高まります。現地でレンタカーも借りることができますので、是非ご相談ください!

産業

前述の通り、観光業が主になっていて、その他には建設業、農業、漁業、林業等をされている方がいらっしゃいます。

事業規模はあまり大きくないケースが多いため、兼業されている方が多いかと思います。すごい人になると、林業を中心にしながらも、アウトドア全般なんでもやってるよ!という松崎町の資源を全て職に変えてしまっているツワモノ移住者もいらっしゃいます!いろいろなことに挑戦してみたい方にとっては、資源が多い松崎町は可能性を感じる場所だと思います。

文化

地域によって特色があるのが、とても面白いです!

大きく分けると、商人文化と漁村文化。船舶が交易の中心になっていた時代に、交易港として活発になった地域と、半農半漁の生活を中心にしていた地域が地理的に分かれて存在しています。今でこそ行政区域として「松崎町」となっていますが、出身の地区によってけっこう町民気質が違うんです!

それが最も如実に現れるのが、地域の【お祭り】!!

(夏に行う地域と秋に行う地域がありますので要チェック!)

中でも、秋に行われる「三番叟」と「太鼓の叩き合い」は圧巻!!是非一度会場でその熱気を体感していただきたいと思います。(例年11月3日に開催されます)

sanbasou

地域の人々が舞う三番叟!

taiko

圧巻の太鼓の叩き合い!

あなたにとって松崎町の魅力ってなんですか?

大自然の魅力がギュッとまとまっている!

shizen

大自然の魅力がいっぱい!

今年、「世界ジオパーク」にも認定された伊豆半島。

実は、4つのプレートの境界に位置するという、世界でも珍しい環境にあります。ですから、伊豆半島でしか実現できない魅力がたくさんあります。しかも、それがとてもコンパクト!車を自由に走らせることができれば、1日だけでも多くの貴重な資源に触れることができます。

海のイメージがほとんどかと思いますが、山のレジャー、川のレジャー、そして、空のレジャーまでもが伊豆半島では体験できてしまうんです!(※東伊豆町になります。)

paraglider

空へ飛び出そう!パラグライダー

そんな情報が全部網羅できるようなサイトがあったらなぁ。。

と思っていたら!ありました!!私の発信よりよっぽど綺麗なので是非一度ご覧ください! http://izupeninsula.net/

松崎町で暮らしてみてわかったマイナスポイントを教えてください

閉鎖的・依存的・保守的

どの地域でも同じようなことが発生しているかと思いますが、地方の課題としてよくあがるこの3点は松崎町も例外ではありません。

地元出身の人たちがほとんどで、慣習的に行なっていることを優先し、変化を好まない。細かいことから大きいことまで節々に感じることがあります。伊豆半島は静岡県内でも移住希望者が多く、移住者と地元という感覚が薄くなってきてはいるようですが、やはり難しい局面もあります。

出ている情報が少ない

インターネットや本に載っている情報が少なく、「伊豆にはよく行っていたけど、松崎町という場所は知らなかったよ」という人も珍しくありません。その素朴な感じが逆に好き、というファンの方も多いですが、、1年半過ごしてたくさんの魅力に触れるたび、「最初からこれ知ってればもっと面白かったのになぁ。。」と思うことが多いです。

ポジティブ捉えれば、それは伸びしろ!!ということで、最近は情報発信と情報発掘に邁進しています。笑

松崎町の先輩移住者はどんな仕事をしていますか?

協力隊

現在、松崎町で協力隊は5名おり、それぞれが全く別の仕事をしています。

木工担当(2名)、棚田担当、桜葉担当、そして私という形です。

起業

協力隊としての起業に対する補助や助成、施策はありません。ただし、今年度から一般向けに起業等支援事業補助金が設定されましたので、そちらをチェックしてみてください!

農業

自然に恵まれた環境で農業をやりたくて、という方は多い印象があります。移住者で農家の方はやはり皆さん同じような悩みを経験されているため、相談にのってくださる方が多いです!是非一度ご相談されることをおススメします!

大先輩移住者 「とんび農園」さん!

tonbiizu

農が好きな人はみんなウェルカム!

松崎町の空き家事情

空き家バンクが設置されていますが、あまり稼働していないというのが現状です。。リンク先の不動産屋さんに相談するか、一番良いのは町の人に紹介してもらうことです!ただし、これがまた難しい。。地域おこし協力隊のメンバーの中でも数件は情報がございますので、是非一度ご相談ください!

松崎町に来たら是非寄ってみてほしい場所

まずは、海!

松崎町には海水浴場が4つもあります!車があればそれぞれを巡ることもできます!

湾の形が綺麗で波も穏やかなのが、「岩地海岸」!!海水浴以外にも、SUP等を楽しむ方が増えています。

SUP

毎年9月には誰でも楽しめるSUPの大会もあります!

そして、山!

海からたった20分で行ける山!

残念ながら車でしか行くことができませんが、地元の方でもあまり行くことがないという隠れたスポット、「21世紀の森」!!

森林浴をテーマに整備された山林の雰囲気に、パワーをもらえること間違いなしです!ひっそりと佇む宝蔵院も渋くて味わい深いですよ!

21seikinomori

ミステリアスな小径!21世紀の森

富士山が見える棚田!

昨今の棚田里山ブームで棚田は珍しくなくなってきたものの、海越しの富士山を見ることができる棚田はこちらだけ! 「石部棚田」!!

オーナー制度によって成り立っており、作業を希望する方は中に入ってお米を収穫することもできます!

ishibutanada

富士山が綺麗に見えるのはやっぱり冬!

他の町で羨ましいと思う地域はありますか?

山梨県富士吉田市

地域おこし協力隊の活動を市が全面的に信頼しており、今のところ一番良い環境で活動できているなと感じました!(研修でお邪魔しました)

財団法人を立ち上げて、そこに協力隊の人件費や活動費をまるごと業務委託してしまいます。そうすると、行政の仕組みを経由せずに活動ができるので、スピーディに活動することができます。え?なんでわざわざそんなこと?と思う方も多いかもしれないのですが、そこが地域おこし協力隊の難しいところなんです。。

移住を検討する人へメッセージ

都会の便利さと田舎の居心地の良さ。いろいろな形でそれぞれの良さを享受できる社会が求められているのではないか、とよく感じます。自分の価値観に合わせて、伊豆・松崎町の魅力を取り入れていただきたいと思います!何せ、松崎町は物理的に距離がありますので、いきなり移住というのもハードルが高い方は多いです。^^; イベントに参加する、長期休暇に訪れてみる、どれも松崎町としてはウェルカムなので、まずは足を運んでみてください!

PRスペース

主には松崎町地域おこし協力隊Facebookページで情報を発信しています。そちらを是非ご覧になっていただければと思います!^^

有難いことに一年間でいろいろなご縁をいただき、活動を展開してきました。

・稲作塾 ・パソコン教室 ・プログラミング教室 ・ワーキングホリデー ・てらこ屋 ・桜葉ファン倶楽部 ・歴研部 ・田んぼをつかった花畑 ・その他各種イベント企画、運営、事務手続き等

興味のあるものがあれば是非一度ご相談ください!

要相談ですが、下記のような作業依頼も対応しています!
・クラウドファンディング(https://readyfor.jp/projects/16362) ・ホームページ制作(Wix) ・ポスター、フライヤー制作(MicrosoftOffice、Illustrator、Photoshop) ・動画編集(aviutl) ・SNS管理(facebook:https://www.facebook.com/matsuzaki.chiikiokoshi/、twitter:https://twitter.com/matsuzaki_town、instagram:https://www.instagram.com/matsuzaki_town/

テレビ会議にも対応できますので、遠方にお住まいの方でもお手伝いします!

 松崎町の協力隊制度について教えてください

給与・活動費

額面で16.6万円/月、家賃補助上限3万円です

活動費200万円の使い方については、残念ながらブラックボックスで、細かい消耗品ならすんなり申請が通りますが、出張費等についてはその都度相談になります

共用の軽トラがありますので、作業時には自由に使うことができます。

勤怠管理

月に1回、簡単なエクセルシートを提出すればOKになっています。毎日出勤を管理することもないので、とても自由です。役場に席もなく、直接勤務地やふれあいとーふや。というシェアスペースに行くことで業務ができます。副業は基本的にOKとなっています。

松崎町の協力隊制度のいいところを教えてください

活動の自由度は非常に高いと思います!毎日朝礼だけは行かないといけなくて、、という地域もあるようなので、その点は信頼があります。すでに協力隊制度を取り入れて8年目ということもあり、役場の担当者の方もほどほどの距離感で認識してくれています。過去の先輩たちに感謝です!

松崎町の協力隊制度への不満があれば教えてください

2017年の12月に町長選挙があり、大きく町の考え方が変更になってしまいました。その結果、地域おこし協力隊制度についても見直しが行われ、従来の活動体制とは異なってきました。体制が変わることはあることだと思いますが、積み上げてきたものがゼロになってしまったのには驚きました。。

伊豆地域の地域おこし協力隊で連携していこう!

伊豆地域は知れば知るほど奥が深く、そして、行政区域を超えた方が絶対面白い!!

ということで、少しずつ輪を広げていく取り組みをはじめました。松崎町だけでなく、他の近隣市町でも様々な活動がありますので、是非ご覧ください!

https://www.facebook.com/matsuzaki.chiikiokoshi/posts/2141397182786887

izuchiikiokoshi

伊豆はひとつ!一緒に活動していきませんか??

インスタグラムで #松崎町 を覗いてみよう!

https://www.instagram.com/matsuzaki_town/

ライターさんと交流しよう!

追加情報などもこちらへどうぞ!

comments